DOKOH LABO:カテゴリ「シルクの利用」一覧

2021/11/01 シルクの利用

シルクの利用 ②

○食品への利用

蚕はシルクを生み出すだけではなく昔から食用としても利用され、日本では今でも蚕のサナギを佃煮や甘露煮にして食べる地域もあります。蚕の餌である桑の葉が漢方薬として用いられているということもあり、それを食べた蚕の糞は、乾燥させて漢方薬としても用いられてきました。
蚕が生み出すシルクについても、その構造や成分が科学的に解明され、食べることで現代の病気、生活習慣病の予防に効果があることがわかってきました。
シルクを構成しているタンパク質、セリシンとフィブロインは、血中コレステロールの上昇を抑える性質があり、健康補助食品に使われたり、糖尿病患者の食事コントロールに用いられたりしています。

 

日本から独自のシルク文化を発信
シルクに関して長年培ってきたノウハウを活かし、シルクの良さや価値を伝えます
シルクテキスタイル
~同興商事株式会社~

2021/10/01 シルクの利用

シルクの利用 ①

シルクは古くから高級な和服や肌着の素材として利用されてきましたが、シルクはその特性上洗濯がしにくい、毛羽立つ、黄ばむといった欠点があり、こういった欠点を補って機能性を付加する研究が進んでいます。
また、シルクは衣料の素材として優れているのはもちろんですが、繊維以外のもっと身近な商品にも利用されつつあります。昨今では環境や健康に対する意識の高まりもあり、天然素材のものを見直したり、積極的に利用したいと考える人が増えていて、シルクの機能性を利用した様々な商品が開発されているのです。

 

○化粧品への利用

シルクを構成しているタンパク質であるセリシンのアミノ酸成分が人の皮膚に近く、シルクは肌に優しい素材とされていますが、セリシンは保湿・抗酸化性作用への効果があると言われています。またもう一つのタンパク質であるフィブロインには、抗酸化作用、抗菌作用、紫外線カット機能などがあることが知られています。

これらの機能を期待し、シルクは様々な形に加工されています。

シルク水溶液はそのまま化粧品の原料として使われていますし、さらに水溶液を凍結乾燥したものやフィルムやスポンジに加工したものを破砕することでシルクパウダーを調製し、化粧品の材料として用いられています。

今では基礎化粧品だけでなくファンデーションや口紅、シャンプーなど幅広いコスメ製品に利用されているのです。

 

日本から独自のシルク文化を発信
刺繍、ビジューなどの装飾加工も承ります
シルクOEM
~同興商事株式会社~