DOKOH LABO

2020/10/05

生地や糸の単位について ④長さを表す単位

日本では古くから長さや質量、体積などの単位系として尺貫法を使ってきました。

長さに関しては基準が2つあり、曲尺(かねじゃく)と鯨尺(くじらじゃく)を用いますが、着物やその生地では鯨尺を用います。鯨尺は、もともとクジラのひげで物差しを作っていたのでそう呼ばれていますが、現在では竹に目盛りが刻んであるものを使用しています。

 

単位としては『分』『寸』『尺』『丈』があり、メートル法に直すと下記のようになります。

 

分=約3.79mm

寸=分×10=3.79cm

尺=寸×10=37.9cm

丈=尺×10=3m79cm

 

着物を一着作るには、三丈物(1反=11.4mほど)や四丈物(共八掛付き)五丈物(振袖)が必要となります。

日本ではいまだに建築業界や繊維業界では尺貫法が日常的に使われています。

 

日本から独自のシルク文化を発信

国内外の自社工場・提携工場で、多様な縫製のご要望に対応致します

~同興商事株式会社~

同興商事オンラインショップ-Dokoh Store-